症例報告『狭窄症』|東根市のみらい整体院 東根院

症例報告『狭窄症』

2022/06/17 | カテゴリー:狭窄症, 症例報告

・症状 
仕事中に前屈みや中腰になる作業が多く、その際に腰に痛みが出る。
長く歩くと腰からふくらはぎにかけて痛みが出る。
少し休めば楽になりまた歩けるようになる。

 

・お悩み 
仕事中に腰に痛みが出て集中できない。
左側に重心が偏っている感覚があり、左のふくらはぎに痛みが出てきて辛い。
寝ても仕事の疲れが取れない。

 

・検査 
ヘルニアの検査/陰性

 

・初回治療 
骨盤矯正

 

・10回目治療 
矯正で姿勢の悪さを改善することによって腰への負担が減り、仕事中の腰痛が消失。
左脚に感じていた重心の偏りがなくなり、ふくらはぎの痛みが消失。
また、10回目の治療で疲れが軽減し、15回目で疲れが気になる事はなくなった。

 

・同じ症状でお困りの方へ 
この方は日常生活での姿勢が悪く、加えて腰に負担のかかる仕事で痛みが出ていました。
普段の姿勢指導と、矯正によって負担が減り、痛みが改善していきました。
似たような症状や原因が分からず悩んでいる方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

狭窄症一覧へ戻る

交通事故治療

交通事故メニュー

一覧を見る

施術メニュー

一覧を見る

症状別に見る

アクセス

料金

スタッフ紹介

電話番号

最新情報

一覧を見る

最新情報カテゴリ

スタッフ急募

LINE

みらい整骨院

instagram